2012年03月14日

エヴァンス輸入版コピー譜(全2巻 Vol.2)

アマゾンで1番売れている
ビル・エヴァンスの輸入版コピー譜。

前回は、第1巻を紹介したので、
今回は、第2巻を紹介する。

「The Artistry of Bill Evans」
[ペーパーバック]
Bill Evans (著)

<Book Description>

Eighty transcriptions from the late,
great jazz master Bill Evans.

Titles are:

Autumn Leaves
Here's That Rainy Day
I Should Care
Make Someone Happy
Spring is Here
The Touch of Your Lips
What Is This Thing Called Love?
What Kind of Fool Am I?




The Artistry of Bill Evans Vol.2



posted by テルさん at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ビル・エヴァンス・コピー譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

エヴァンス輸入版コピー譜(全2巻 Vol.1)

アマゾンで1番売れている
ビル・エヴァンスの輸入版コピー譜を、
今回は紹介しよう。

このシリーズは全2巻で、
今回は、第1巻を紹介する。

「The Artistry of Bill Evans」
[ペーパーバック]
Bill Evans (著)




The Artistry of Bill Evans


<Book Description>
10 songs from this jazz master
display his unique lyrical style.

<曲目>
Alfie
But Beautiful
Dolphin Dance
Emily
I Will Say Goodbye (Je Vivrai Sans Toi)
Never Let Me Go
Seascape
The Summer Knows (Theme From Summer of '42)
A Time for Love
You Must Believe in Spring.
posted by テルさん at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ビル・エヴァンス・コピー譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

エヴァンスCD参考書

エヴァンスのCDを集める時、
参考にする本を紹介しよう。

「新・エヴァンスを聴け!」
(ゴマ文庫) [文庫]
中山 康樹 (著)




新・エヴァンスを聴け! (ゴマ文庫)


内容(「BOOK」データベースより)

エヴァンスほどかっこいいフレーズを
矢継ぎ早に放射するピアニストはいない。

フレーズに抜き差しならない
緊密な関連性をもたせ、繊細にして大胆、
かつ深遠な表現を極限まで追求する。

名盤『ワルツ・フォー・デビー』で
「リリカルで繊細」と評されるエヴァンスだが、
それは彼の1つの側面にしか過ぎない。

いまだその“果実”は味わい吹くされていない
ビル・エヴァンスを追う完全ディスク・ガイド。

<目次>

☆40〜50年代
『ヴェリー・アーリーVol.1』
 〜『ポートレイト・イン・ジャズ』

☆60年代
『ザ・ソフト・ランド・オブ・メイク・ビリーヴ/
 ザ・ソウル・オブ・ジャズ・パーカッション』
 〜『ユアー・ゴナ・ヒアー・フロム・ミー/
 ライヴ・イン・アムステルダム』

☆70年代
『モントルー2/MPSヴァリエイション』
 〜『プラクティス・テープNo.1』

☆80年代
『レター・トゥ・エヴァン』
 〜『ザ・ラスト・デイト』

☆ボックス・セット
『ザ・コンプリート・リヴァーサイド・
 レコーディングス』〜『ザ・ラスト・ワルツ』
posted by テルさん at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | エヴァンス関連の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

ビル・エヴァンスのフレーズ研究書

前回は、ビル・エヴァンスの
「和声」の研究書(輸入版)を紹介した。

今回は、ビル・エヴァンスの
フレーズの研究書を紹介する。

原書は輸入版だけれど、
これは日本語訳があるので
そちらの方を紹介しよう。

「ビル・エヴァンス・スタイルの研究」
ピアノ CD付 Essential Jazz Lines [楽譜]




ビルエヴァンススタイルの研究 ピアノ CD付 Essential Jazz Lines


<目次>

■日本語版に寄せて
■Bill Evans
■ジャズ言語
■ガイド・トーン
■スケール
ドリアン・スケール
ビバップ・スケール
ハーモニック・マイナースケール
メロディック・マイナー・スケール
ディミニッシュ・スケール
■3rdからフラット9thへ
■コードのアッパー・ストラクチャー(セカンダリー・アルペジオ)
■ターゲッティング
■マイナー・コード
マイナー・コード・ヴァンプ -----------
マイナー・コード(サークル・オブ4th) --
■ドミナント7thコード(V)
ドミナント7thヴァンプ --------------
ドミナント7thコード(サークル・オブ4th)-
■1小節のii-5(ショートii-5)
ショートii-5ヴァンプ --------------
ショートii-5(サークル・オブ4th) ----
■2小節のii-5(ロングii-5)
ロングii-5ヴァンプ ---------------
ロングii-5(サークル・オブ4th) -----
■メジャー・コード(1)
メジャー・ヴァンプ -----------------
メジャー・コード(サークル・オブ4th) ---
■マイナーii-5
マイナーii-5ヴァンプ -------------
マイナーii-5(サークル・オブ4th) ---
ショートii-5-Iヴァンプ -----------
ショートii-5-I(サークル・オブ4th) -
ロングii-5-Iヴァンプ ------------
ロングii-5-I(サークル・オブ4th) --
マイナーii-5-Iヴァンプ ----------
マイナーii-5-I(サークル・オブ4th) -
■ターンアラウンド
ターンアラウンド・ヴァンプ -----------
ターンアラウンド(サークル・オブ4th) --
■ビル・エヴァンスのラインを使ってソロを創る
ソロ ----------------------------
PENT UP HOUSEタイプのプログレッション --
CONFIRMATIONタイプのプログレッション --
■著者について

注、この本はギター用もあるので注意。
今回紹介したのが「ピアノ用」です。
posted by テルさん at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | エヴァンス技法の研究書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

エヴァンス和声の研究書(1〜2)

ビル・エヴァンスの和声に関する研究書。

青い表紙が第1巻で、
赤い表紙が第2巻。

日本語版はないので
原書(英語)を手に入れよう。

英語の勉強になるよ。

いや、英語はわからなくても
楽譜を見ていれば何となくわかる。

Harmony of Bill Evans.
Jack Reilly (著), Bill Evans (クリエイター)




Harmony of Bill Evans.


Book Description

Bill Evans, the pianist, is a towering figure acknowledged by the jazz world, fans, musicians and critics.
However Bill Evans, the composer, has yet to take his place alongside the great masters of composition.
Therein lies the sole purpose of this book.
A compilation of articles - now revised and expanded - that originally appeared in the quarterly newsletter Letter from Evans, this unique folio features extensive analysis of Evans'work.

Pieces examined include:

B Minor Waltz
Funny Man
How Deep Is the Ocean
I Fall in Love Too Easily
I Should Care
Peri's Scope
Time Remembered
Twelve Tone Tune.

Author Jack Reilly is a pianist, composer and educator in both the jazz and classical genres.
He has chaired the Jazz Studies departments of the New England Conservatory of Music, Mannes College of Music, and The New School.
He is presently Jazz Piano Professor at Rowan College in New Jersey.

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以下が第2巻だ。

The Harmony of Bill Evans [ペーパーバック]
Jack Reilly (著), Bill Evans (クリエイター)




The Harmony of Bill Evans


このような研究書は日本にないので、
貴重な資料だ。

ぜひ手に入れよう。
posted by テルさん at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | エヴァンス技法の研究書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

ビル・エヴァンス・コピー譜(第4巻)

ビル・エヴァンス輸入版コピー譜
(全4巻)から第4巻を紹介しよう。

これは本格的なコピー譜で、
ピアノ・トリオ・スコアになっている。

ピアノ、ベース、ドラムのコピー譜なので、
楽譜を見ながらCDを聴くだけでもいいし、
分析して応用したら、ものすごく役に立つ。

ビル・エヴァンス・トリオ 第4巻: 1979年-1980年
Bill Evans Trio, The, Vol.4 1979-1980




The Bill Evans Trio: 1979-1980


<曲目>

Bill's Hit Tune
But Beautiful
For All We Know
Like Someone in Love
My FoolishHeart
My Romance
The Two Lonely People

このシリーズは同じような表紙で
<VOL.4>とは書いていないので
注意しなくてはいけない。
(VOL.2と3は書いてあるのに…)

今回紹介したのが第4巻だ。
posted by テルさん at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ビル・エヴァンス・コピー譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

ビル・エヴァンス・コピー譜(第3巻)

ビル・エヴァンス輸入版コピー譜
(全4巻)から第3巻を紹介しよう。

これは本格的なコピー譜で、
ピアノ・トリオ・スコアになっている。

ピアノ、ベース、ドラムのコピー譜なので、
楽譜を見ながらCDを聴くだけでもいいし、
分析して応用したら、ものすごく役に立つ。

ビル・エヴァンス・トリオ 第3巻: 1968年-1974年
EVANS, Bill :Bill Evans Trio, The, Vol.3 1968-1974




The Bill Evans Trio volume 3 : Featuring Bill Evans, Eddie Gomez/Bass & Drummers Marty Morrell, Philly Joe Jones & Jack Dejohnette


<曲目>
Alfie
Emily
Funkallero
'Round Midnight
A Sleepin' Bee
Some Day My Prince WillCome
The Touch of Your Lips
Who Can I Turn to(When Nobody Needs Me)

このシリーズは
同じような表紙なので
注意しなくてはいけない。
posted by テルさん at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ビル・エヴァンス・コピー譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

ビル・エヴァンス・コピー譜(第2巻)

ビル・エヴァンス輸入版コピー譜
(全4巻)から第2巻を紹介しよう。

これは本格的なコピー譜で、
ピアノ・トリオ・スコアになっている。
つまり
ピアノ、ベース、ドラムのコピー譜なので、
楽譜を見ながらCDを聴くだけでも、
ものすごく勉強になる。

ビル・エヴァンス・トリオ 第2巻: 1962年-1965年
EVANS, Bill :Bill Evans Trio, The, Vol.2 1962-1965




The Bill Evans Trio: Featuring Bill Evans/Piano, Chuck Israels/Bass & Drummers Larry Bunker, Paul Motian & Arnold Wise


<曲目>
Come Rain or Come Shine
How My Heart Sings
Isn't it Romantic?
Israel
Re: PersonI Knew
Show - Type Tune(Tune for a Lyric)
Stella by Starlight
34 Skidoo

このシリーズは
同じような表紙なので
注意しなくてはいけない。

今回紹介したのが第2巻だ。
posted by テルさん at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ビル・エヴァンス・コピー譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

ビル・エヴァンス・コピー譜(第1巻)

ビル・エヴァンス・輸入版コピー譜
(全4巻)から今回は第1巻を紹介しよう。

これは本格的なコピー譜だ。

このシリーズは、
ピアノ・トリオ・スコアになっている。
つまり
ピアノ、ベース、ドラムのコピー譜。

この楽譜を見ながらCDを聴くと、
ものすごく勉強になる。

エヴァンス, Bill
ビル・エヴァンス・トリオ 第1巻: 1959年-1961年
EVANS, Bill :Bill Evans Trio, The, Vol.1 1959-1961

<曲目>

Alice in Wonderland
Autumn Leaves(Les Feuilles Mortes)
How Deep is theOcean(How High Is the Sky)
Nardis
Peri's Scope
Solar
Waltz for Debby
When I Fallin Love




The Bill Evans Trio: Featuring Transcriptions of Bill Evans-Piano), Scott Lafaro-Bass-And Paul Motian-Drums


このシリーズは同じ表紙で
<VOL.1>とは書いていないので
注意しなくてはいけない。

今回紹介したのが第1巻だ。
posted by テルさん at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ビル・エヴァンス・コピー譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

定本「ビル・エヴァンス」

ビル・エヴァンスの資料は、
何でも集めておこう。

この本も、資料として役に立つ。

1度なくなってしまった本の改訂版だ。
在庫がある今の内に手に入れておこう。

定本 ビル・エヴァンス
(ジャズ批評ブックス) [単行本]
ジャズ批評編集部 (編集)




定本 ビル・エヴァンス (ジャズ批評ブックス)


内容(「MARC」データベースより)

聴き手・ミュージシャン双方に、
衰えることない人気を誇るジャズメン、
ビル・エヴァンス。

91年刊の
「ジャズ批評別冊ビル・エヴァンス」に
全面的な改訂を加え、
新規記事を盛り込んだもの。
エヴァンス・ファン必読の一冊!
posted by テルさん at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | エヴァンス関連の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。