2013年01月08日

ビル・エヴァンスの対談CD

ビル・エヴァンスが対談しながら
ピアノを弾いてくれる珍しいCD。

マリアン・マクパートランド(ジャズ・ピアニスト)が、
ビル・エヴァンスにインタヴューしているCDだ。

もう廃盤だと思っていたけれど、
念のためアマゾンで調べてみた。

すると、あった!

日本盤で中古のCDが、約1万円!
今、アマゾンに2枚だけ出ている。
(2013.1.8、午前2時)

さらに調べると、何と輸入盤もあった!
しかも、しかも、こんな貴重なCDなのに
え〜〜、600円ちょっと!
(¥6,000じゃないぞ!)
送料を入れても
たった<¥1,000>ぐらいだ。
(業者によって値段がかなり違う)

私は、
かなり昔に買った日本盤を持っているのに
(あまりにも安いので)、
思わず今、輸入盤を注文してしまった。

このCDは、ずっと廃盤になっていて、
みんなが欲しくても手に入らない
大変に貴重なものだったんだ。

Marian Mcpartland's Piano Jazz
[Import, from US]
ビル・エヴァンス, Marian McPartland
形式: CD





エヴァンス・ファンは、ぜひ手に入れよう。
いや、ファンではなくても、
英語の楽しい勉強教材としても役に立つよ。

Marian Mcpartland's Piano Jazz

<曲目リスト>

1. Waltz For Debby
2. Conversation
3. All Of You
4. Conversation
5. All Of You
6. Conversation
7. In Your Own Sweet Way
8. Conversatoin / Demonstration
9. The Touch Of Your Lips
10. Conversation
11. Reflections In D
12. Conversation
13. The Days Of Wine And Roses
14. Conversation
15. This Is All I Ask
16. Conversation
17. While We're Young
18. Conversation
19. I Love You

こんなに沢山の曲目があるけれど、
対談しながらなので長い演奏ではない。
途中でマリアンがピアノを弾いたり、
とにかくとても楽しく対談している。

ジャズ・ピアノと英会話の勉強になって
こんな貴重なものは、なかなかないよ。


posted by テルさん at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | CD、DVD紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

ビル・エヴァンス・アドリブ分析(準備)

「ビル・エヴァンス・アドリブ分析」を
近い内に開始する予定です。

エヴァンス代表作(CD)の
「ポートレイト・イン・ジャズ」
に収録されている曲から分析する予定。

「ポートレイト・イン・ジャズ+1」
[Limited Edition]
ビル・エヴァンス





ジャズ・ピアノ学習者なら、
いやジャズ・ファンでも、
このCDは持っていますよね。

名盤中の名盤ですからね。

久し振りに取り出して
聞いておいて下さいね。

ポートレイト・イン・ジャズ+1

<曲目リスト>
1. 降っても晴れても
2. 枯葉 (テイク1)
3. 枯葉 (テイク2) (MONO)
4. ウィッチクラフト
5. ホエン・アイ・フォール・イン・ラヴ
6. ペリズ・スコープ
7. 恋とは何でしょう?
8. スプリング・イズ・ヒア
9. いつか王子様が
10. ブルー・イン・グリーン (テイク3)
11. ブルー・イン・グリーン (テイク2)
   (MONO) (ボーナス・トラック)
posted by テルさん at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | CD、DVD紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。