2014年11月05日

ビル・エヴァンス和声研究

ビル・エヴァンスの和声研究書は
輸入版で第1巻と第2巻がある。

今までは英語で読まなければ
いけなかったけれど、
ついに日本語版が出ましたよ。

しかし、まだ第1巻のみですが…。
第2巻も、ぜひ翻訳版を出してほしい。

The Harmony of Bill Evans
ハーモニー・オブ・ビル・エヴァンス
(CD付) 楽譜 – 2014/10/17





<内容紹介> Amazonより

ジャズミュージシャンとして
人気、実力とも突出したピアニスト、
ビル・エヴァンスの作品を研究した本書は、
ピアニストとして余りに有名な彼の作品を
取り上げて詳細に分析し、作品の巧みさと
その創意あふれる作曲家としての才能を
浮き彫りにしています。

この本を読んであらためて
ビル・エヴァンスを聴くときには、
その演奏ばかりでなく楽曲の素晴らしさに
新たな発見を導き、エヴァンスを
より深く知ることができるでしょう。

The Harmony of Bill Evans ハーモニー・オブ・ビル・エヴァンス(CD付)

■収録曲
Peri's Scope
Time Remembered
Funny Man
I Shiuld Care
I Fall in Love Too Easily
Twelve Tone Tune
How Deep Is the Osean
B Minor Walts
全8曲

     ☆

輸入版は、1992年に発売され、
その時から原書を持っていたけれど、
やっとやっと日本語で読めるなんて!

20数年間は長かったよな。

第2巻も原書は持っているけれど、
英語が読めないから「猫に小判」状態だ。

早く日本語で読みたいよなあ。


posted by テルさん at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | エヴァンス技法の研究書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

ビル・エヴァンスのフレーズ研究書

前回は、ビル・エヴァンスの
「和声」の研究書(輸入版)を紹介した。

今回は、ビル・エヴァンスの
フレーズの研究書を紹介する。

原書は輸入版だけれど、
これは日本語訳があるので
そちらの方を紹介しよう。

「ビル・エヴァンス・スタイルの研究」
ピアノ CD付 Essential Jazz Lines [楽譜]




ビルエヴァンススタイルの研究 ピアノ CD付 Essential Jazz Lines


<目次>

■日本語版に寄せて
■Bill Evans
■ジャズ言語
■ガイド・トーン
■スケール
ドリアン・スケール
ビバップ・スケール
ハーモニック・マイナースケール
メロディック・マイナー・スケール
ディミニッシュ・スケール
■3rdからフラット9thへ
■コードのアッパー・ストラクチャー(セカンダリー・アルペジオ)
■ターゲッティング
■マイナー・コード
マイナー・コード・ヴァンプ -----------
マイナー・コード(サークル・オブ4th) --
■ドミナント7thコード(V)
ドミナント7thヴァンプ --------------
ドミナント7thコード(サークル・オブ4th)-
■1小節のii-5(ショートii-5)
ショートii-5ヴァンプ --------------
ショートii-5(サークル・オブ4th) ----
■2小節のii-5(ロングii-5)
ロングii-5ヴァンプ ---------------
ロングii-5(サークル・オブ4th) -----
■メジャー・コード(1)
メジャー・ヴァンプ -----------------
メジャー・コード(サークル・オブ4th) ---
■マイナーii-5
マイナーii-5ヴァンプ -------------
マイナーii-5(サークル・オブ4th) ---
ショートii-5-Iヴァンプ -----------
ショートii-5-I(サークル・オブ4th) -
ロングii-5-Iヴァンプ ------------
ロングii-5-I(サークル・オブ4th) --
マイナーii-5-Iヴァンプ ----------
マイナーii-5-I(サークル・オブ4th) -
■ターンアラウンド
ターンアラウンド・ヴァンプ -----------
ターンアラウンド(サークル・オブ4th) --
■ビル・エヴァンスのラインを使ってソロを創る
ソロ ----------------------------
PENT UP HOUSEタイプのプログレッション --
CONFIRMATIONタイプのプログレッション --
■著者について

注、この本はギター用もあるので注意。
今回紹介したのが「ピアノ用」です。
posted by テルさん at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | エヴァンス技法の研究書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

エヴァンス和声の研究書(1〜2)

ビル・エヴァンスの和声に関する研究書。

青い表紙が第1巻で、
赤い表紙が第2巻。

日本語版はないので
原書(英語)を手に入れよう。

英語の勉強になるよ。

いや、英語はわからなくても
楽譜を見ていれば何となくわかる。

Harmony of Bill Evans.
Jack Reilly (著), Bill Evans (クリエイター)




Harmony of Bill Evans.


Book Description

Bill Evans, the pianist, is a towering figure acknowledged by the jazz world, fans, musicians and critics.
However Bill Evans, the composer, has yet to take his place alongside the great masters of composition.
Therein lies the sole purpose of this book.
A compilation of articles - now revised and expanded - that originally appeared in the quarterly newsletter Letter from Evans, this unique folio features extensive analysis of Evans'work.

Pieces examined include:

B Minor Waltz
Funny Man
How Deep Is the Ocean
I Fall in Love Too Easily
I Should Care
Peri's Scope
Time Remembered
Twelve Tone Tune.

Author Jack Reilly is a pianist, composer and educator in both the jazz and classical genres.
He has chaired the Jazz Studies departments of the New England Conservatory of Music, Mannes College of Music, and The New School.
He is presently Jazz Piano Professor at Rowan College in New Jersey.

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以下が第2巻だ。

The Harmony of Bill Evans [ペーパーバック]
Jack Reilly (著), Bill Evans (クリエイター)




The Harmony of Bill Evans


このような研究書は日本にないので、
貴重な資料だ。

ぜひ手に入れよう。
posted by テルさん at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | エヴァンス技法の研究書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。