2013年01月05日

ビル・エヴァンス譜8万円!

わずか24ページのエヴァンス譜が
何と<8万円>という話をしよう。

問題の楽譜は、これだ!

「Bill Evans Piano Solos」
[ペーパーバック]
Bill Evans,
Hal Leonard Publishing Corporation





これは表紙を変えた改訂版で
私が持っている初期のものは
別の表紙で1965年11月
に発売された輸入版なんだ。

つい最近まで
数千円で楽器店にあったので
持っている人も多いのでは?

1曲目が「Waltz For Debby」
のテーマ譜でアドリブはない。

収録曲は全6曲で、
わずか24ページの薄い曲集だ。

曲目と各曲のページ数は〜

Bill Evans Piano Solos

Waltz For Debby(5)
Interplay(2)
My Bells(2)
Fudgesicle Built For Four(4)
Time Remembered(2)
Very Early(4)

楽譜ページは、実質19ページ。
残りの5ページは〜
目次(1)
出版社名(1)
文章(2)
宣伝(1)
これが楽譜以外の5ページ分で
合計24ページになっている。

もう絶版になったのかな?
それでアマゾンで8万円以上の
値段が付いているんだね。

でも、
この6曲は他の曲集にもあるんだ。

例えば、
「ビル・エヴァンス作品集」には
オリジナル全曲が収録されている。

当然だけど、
この6曲も含まれていて
「Waltz For Debby」などは
もっと詳しい楽譜が多数ある。

つまり、
この楽譜はテーマのみだけれど、
テーマとアドリブ譜まである楽譜が
現在は何冊も出ているんだ。

でもね、1965年当時は、
エヴァンスのコピー譜なんてないから
これだけでも有難かった時代なんだ。

今は教材が豊富にあって良い時代だよね。
(本当は、
 自分でコピーした方が身に付くけどね)

でもね、
せっかくコピー譜が沢山出ていて
勉強時間がかなり短縮されるので、
上手く活用して進歩向上していこう。

24ページで8万円なら
今持っている3〜4倍のページ数のコピー譜は、
30万円前後ぐらいの価値があることになる。

そう考えると急に有難さが増してきて、
「よ〜し一生懸命勉強するぞ!」
という気になるでしょう?

「ならないかな?」

とにかく、
これからエヴァンス分析研究を
一生懸命にやろうではないか!


posted by テルさん at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ビル・エヴァンス・コピー譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

ビル・エヴァンス分析(続き)

前回は、
ビル・エヴァンス分析で使う
教材(コピー譜)を紹介したが、
今回は
同じ演奏(テイク)を採譜した
別のコピー譜も紹介しておく。

まず1冊目は輸入版で、
(以前紹介したけれど)
「The Artistry of Bill Evans」





このコピー譜は全2巻で、
第1巻は表紙が黒で
第2巻は表紙が白い。

第2巻にある「枯葉」がCD
「ポートレイト・イン・ジャズ」
のモノラル演奏のコピー譜だ。

他の収録されている曲目は〜

The Artistry of Bill Evans Vol.2

<曲目>
Autumn Leaves
Here's That Rainy Day
I Should Care
Make Someone Happy
Spring is Here
The Touch of Your Lips
What Is This Thing Called Love?
What Kind of Fool Am I?

     ☆

もう1冊紹介しておく。

日本国内エヴァンス・コピー譜は
別テイク(ステレオの方)が多いが、
以下のものはモノラルのコピー譜だ。

ただし省略されているコーラスもあり。

「ビル・エヴァンスが弾きたくて」
 林 知行





テーマ後のベース・ソロ2コーラスと、
ラスト・テーマに入る前の1コーラスで、
エヴァンスがベースと対話的に弾いている
フレーズやコードなどが省略されている。

     ☆

前回紹介したコピー譜は
ピアノ・トリオ・スコアでしたが、
今回の2冊はピアノ・パートのみ。

同じ演奏のコピー譜でも
採譜した人によって違うので
私は、この3冊を見比べながら
分析していく予定ですが、
あなたは自由にして下さいね。
posted by テルさん at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ビル・エヴァンス・コピー譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

ビル・エヴァンス・アドリブ研究

今回は
ビル・エヴァンス分析で使う教材
(コピー譜)を紹介しておこう。

以前ブログで紹介した輸入版で、
全4巻の第1巻に収録されている
「枯葉」から分析を開始する予定。

このシリーズは、すべて(4冊とも)
ピアノ・トリオ・スコアになっていて
ピアノ、ベース、ドラムのコピー譜。
(ドラム譜は期待しないでね)

CDを聴きながら
この楽譜を分析すると
ものすごく勉強になるので、
以前から分析したい、と思っていた。

エヴァンス, Bill
ビル・エヴァンス・トリオ
第1巻: 1959年-1961年
EVANS, Bill :Bill Evans Trio,
The, Vol.1 1959-1961
<曲目>
Alice in Wonderland
Autumn Leaves
(Les Feuilles Mortes)
How Deep is theOcean
(How High Is the Sky)
Nardis
Peri's Scope
Solar
Waltz for Debby
When I Fallin Love



The Bill Evans Trio: Featuring Transcriptions of Bill Evans-Piano), Scott Lafaro-Bass-And Paul Motian-Drums


このシリーズ全4巻は同じ表紙で
<VOL.1>と書いていないから
注意しなくてはいけない、
と以前書いたけれど、
最近のものは書いてあるようだ。

もう1つ注意することがある。

前回紹介したエヴァンスのCD
「ポートレイト・イン・ジャズ」には
「枯葉」が2曲収録されている。

日本国内エヴァンス・コピー譜の
ほとんどはステレオの方を取り上げている。
(例外あり。次回紹介予定)

今回紹介した輸入版コピー譜は
モノラル(別テイク)の方なので、
(当然だけれども)アドリブが違う。

これからコピー譜の分析をするけれど
国内のもの(例外あり)を見ていても、
説明が当てはまらないので注意。
(まったく別のアドリブなので…)

      ☆

この演奏(モノラル)のコピー譜は
他にもあるので次回紹介する予定だ。
posted by テルさん at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ビル・エヴァンス・コピー譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

エヴァンス輸入版コピー譜(全2巻 Vol.2)

アマゾンで1番売れている
ビル・エヴァンスの輸入版コピー譜。

前回は、第1巻を紹介したので、
今回は、第2巻を紹介する。

「The Artistry of Bill Evans」
[ペーパーバック]
Bill Evans (著)

<Book Description>

Eighty transcriptions from the late,
great jazz master Bill Evans.

Titles are:

Autumn Leaves
Here's That Rainy Day
I Should Care
Make Someone Happy
Spring is Here
The Touch of Your Lips
What Is This Thing Called Love?
What Kind of Fool Am I?




The Artistry of Bill Evans Vol.2

posted by テルさん at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ビル・エヴァンス・コピー譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

エヴァンス輸入版コピー譜(全2巻 Vol.1)

アマゾンで1番売れている
ビル・エヴァンスの輸入版コピー譜を、
今回は紹介しよう。

このシリーズは全2巻で、
今回は、第1巻を紹介する。

「The Artistry of Bill Evans」
[ペーパーバック]
Bill Evans (著)




The Artistry of Bill Evans


<Book Description>
10 songs from this jazz master
display his unique lyrical style.

<曲目>
Alfie
But Beautiful
Dolphin Dance
Emily
I Will Say Goodbye (Je Vivrai Sans Toi)
Never Let Me Go
Seascape
The Summer Knows (Theme From Summer of '42)
A Time for Love
You Must Believe in Spring.
posted by テルさん at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ビル・エヴァンス・コピー譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

ビル・エヴァンス・コピー譜(第4巻)

ビル・エヴァンス輸入版コピー譜
(全4巻)から第4巻を紹介しよう。

これは本格的なコピー譜で、
ピアノ・トリオ・スコアになっている。

ピアノ、ベース、ドラムのコピー譜なので、
楽譜を見ながらCDを聴くだけでもいいし、
分析して応用したら、ものすごく役に立つ。

ビル・エヴァンス・トリオ 第4巻: 1979年-1980年
Bill Evans Trio, The, Vol.4 1979-1980




The Bill Evans Trio: 1979-1980


<曲目>

Bill's Hit Tune
But Beautiful
For All We Know
Like Someone in Love
My FoolishHeart
My Romance
The Two Lonely People

このシリーズは同じような表紙で
<VOL.4>とは書いていないので
注意しなくてはいけない。
(VOL.2と3は書いてあるのに…)

今回紹介したのが第4巻だ。
posted by テルさん at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ビル・エヴァンス・コピー譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

ビル・エヴァンス・コピー譜(第3巻)

ビル・エヴァンス輸入版コピー譜
(全4巻)から第3巻を紹介しよう。

これは本格的なコピー譜で、
ピアノ・トリオ・スコアになっている。

ピアノ、ベース、ドラムのコピー譜なので、
楽譜を見ながらCDを聴くだけでもいいし、
分析して応用したら、ものすごく役に立つ。

ビル・エヴァンス・トリオ 第3巻: 1968年-1974年
EVANS, Bill :Bill Evans Trio, The, Vol.3 1968-1974




The Bill Evans Trio volume 3 : Featuring Bill Evans, Eddie Gomez/Bass & Drummers Marty Morrell, Philly Joe Jones & Jack Dejohnette


<曲目>
Alfie
Emily
Funkallero
'Round Midnight
A Sleepin' Bee
Some Day My Prince WillCome
The Touch of Your Lips
Who Can I Turn to(When Nobody Needs Me)

このシリーズは
同じような表紙なので
注意しなくてはいけない。
posted by テルさん at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ビル・エヴァンス・コピー譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

ビル・エヴァンス・コピー譜(第2巻)

ビル・エヴァンス輸入版コピー譜
(全4巻)から第2巻を紹介しよう。

これは本格的なコピー譜で、
ピアノ・トリオ・スコアになっている。
つまり
ピアノ、ベース、ドラムのコピー譜なので、
楽譜を見ながらCDを聴くだけでも、
ものすごく勉強になる。

ビル・エヴァンス・トリオ 第2巻: 1962年-1965年
EVANS, Bill :Bill Evans Trio, The, Vol.2 1962-1965




The Bill Evans Trio: Featuring Bill Evans/Piano, Chuck Israels/Bass & Drummers Larry Bunker, Paul Motian & Arnold Wise


<曲目>
Come Rain or Come Shine
How My Heart Sings
Isn't it Romantic?
Israel
Re: PersonI Knew
Show - Type Tune(Tune for a Lyric)
Stella by Starlight
34 Skidoo

このシリーズは
同じような表紙なので
注意しなくてはいけない。

今回紹介したのが第2巻だ。
posted by テルさん at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ビル・エヴァンス・コピー譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

ビル・エヴァンス・コピー譜(第1巻)

ビル・エヴァンス・輸入版コピー譜
(全4巻)から今回は第1巻を紹介しよう。

これは本格的なコピー譜だ。

このシリーズは、
ピアノ・トリオ・スコアになっている。
つまり
ピアノ、ベース、ドラムのコピー譜。

この楽譜を見ながらCDを聴くと、
ものすごく勉強になる。

エヴァンス, Bill
ビル・エヴァンス・トリオ 第1巻: 1959年-1961年
EVANS, Bill :Bill Evans Trio, The, Vol.1 1959-1961

<曲目>

Alice in Wonderland
Autumn Leaves(Les Feuilles Mortes)
How Deep is theOcean(How High Is the Sky)
Nardis
Peri's Scope
Solar
Waltz for Debby
When I Fallin Love




The Bill Evans Trio: Featuring Transcriptions of Bill Evans-Piano), Scott Lafaro-Bass-And Paul Motian-Drums


このシリーズは同じ表紙で
<VOL.1>とは書いていないので
注意しなくてはいけない。

今回紹介したのが第1巻だ。
posted by テルさん at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ビル・エヴァンス・コピー譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。