2012年03月09日

エヴァンスCD参考書

エヴァンスのCDを集める時、
参考にする本を紹介しよう。

「新・エヴァンスを聴け!」
(ゴマ文庫) [文庫]
中山 康樹 (著)




新・エヴァンスを聴け! (ゴマ文庫)


内容(「BOOK」データベースより)

エヴァンスほどかっこいいフレーズを
矢継ぎ早に放射するピアニストはいない。

フレーズに抜き差しならない
緊密な関連性をもたせ、繊細にして大胆、
かつ深遠な表現を極限まで追求する。

名盤『ワルツ・フォー・デビー』で
「リリカルで繊細」と評されるエヴァンスだが、
それは彼の1つの側面にしか過ぎない。

いまだその“果実”は味わい吹くされていない
ビル・エヴァンスを追う完全ディスク・ガイド。

<目次>

☆40〜50年代
『ヴェリー・アーリーVol.1』
 〜『ポートレイト・イン・ジャズ』

☆60年代
『ザ・ソフト・ランド・オブ・メイク・ビリーヴ/
 ザ・ソウル・オブ・ジャズ・パーカッション』
 〜『ユアー・ゴナ・ヒアー・フロム・ミー/
 ライヴ・イン・アムステルダム』

☆70年代
『モントルー2/MPSヴァリエイション』
 〜『プラクティス・テープNo.1』

☆80年代
『レター・トゥ・エヴァン』
 〜『ザ・ラスト・デイト』

☆ボックス・セット
『ザ・コンプリート・リヴァーサイド・
 レコーディングス』〜『ザ・ラスト・ワルツ』


posted by テルさん at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | エヴァンス関連の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。