2012年03月06日

エヴァンス和声の研究書(1〜2)

ビル・エヴァンスの和声に関する研究書。

青い表紙が第1巻で、
赤い表紙が第2巻。

日本語版はないので
原書(英語)を手に入れよう。

英語の勉強になるよ。

いや、英語はわからなくても
楽譜を見ていれば何となくわかる。

Harmony of Bill Evans.
Jack Reilly (著), Bill Evans (クリエイター)




Harmony of Bill Evans.


Book Description

Bill Evans, the pianist, is a towering figure acknowledged by the jazz world, fans, musicians and critics.
However Bill Evans, the composer, has yet to take his place alongside the great masters of composition.
Therein lies the sole purpose of this book.
A compilation of articles - now revised and expanded - that originally appeared in the quarterly newsletter Letter from Evans, this unique folio features extensive analysis of Evans'work.

Pieces examined include:

B Minor Waltz
Funny Man
How Deep Is the Ocean
I Fall in Love Too Easily
I Should Care
Peri's Scope
Time Remembered
Twelve Tone Tune.

Author Jack Reilly is a pianist, composer and educator in both the jazz and classical genres.
He has chaired the Jazz Studies departments of the New England Conservatory of Music, Mannes College of Music, and The New School.
He is presently Jazz Piano Professor at Rowan College in New Jersey.

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以下が第2巻だ。

The Harmony of Bill Evans [ペーパーバック]
Jack Reilly (著), Bill Evans (クリエイター)




The Harmony of Bill Evans


このような研究書は日本にないので、
貴重な資料だ。

ぜひ手に入れよう。


posted by テルさん at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | エヴァンス技法の研究書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。